できるだけ痛みを抑えた治療を

無痛治療

お子さまだけでなく、大人だって誰だって痛い思いはしたくないものです。当院では、可能な限り痛みを抑えた治療を実践しており、「歯医者さんは痛いところだ」という考えを払拭します。基本的に多少削るくらいでは痛みを感じることはありません。痛みを感じる治療をする場合は必ず麻酔を行いますが、この麻酔注射が一番痛いのです。しかし、これを表面麻酔や極細の注射針を使用することでまったく痛みを感じずに注射をすることができるのです。

表面麻酔ってなに?

表面麻酔表面麻酔というのは、塗るタイプの麻酔のことを指します。

麻酔=注射を思い浮かべると思いますが、このようにジェルタイプで塗るタイプのものもあります。

用途としては、深い歯石取りなどをする場合は少し痛みがでる場合がありますが、その際に歯ぐきに塗ったり、注射をする前に歯ぐきに塗っておいたります。

麻酔注射前にこれを歯ぐきに塗っておくことで、その部分がマヒして注射の痛みをほぼまったく感じなくなります。いつ注射をしたのかわからなかったという方ばかりで、本当にほぼ無痛で受けられます。

極細の針を使用した電動麻酔

電動麻酔表面麻酔で歯ぐきをマヒさせて、そこに麻酔注射をうつわけですが、麻酔器にも無痛の仕掛けがあります。

まず、針がものすごく細いということです。現在歯科業界に出回っているものの中でもっとも細いタイプを使用しております。

また、電動でゆ~っくり麻酔液を注入できる機器を使用しております。これは、麻酔液を注入するペースにムラがあり、ちょっとでも多く注入し過ぎると痛みを生じることを防ぐためです。