レーザーを使用した削らない虫歯治療

レーザー虫歯治療

当院では、炭酸ガスレーザーを使用して健康な歯質を傷つけることなく虫歯組織のみを除去することが可能です。切削機で虫歯を除去する一般的な方法では健康な歯質まで削りすぎてしまいがちですが、レーザーは水分を多く含む虫歯組織のみに反応しますので、歯質を痛めることがありません。

また、レーザーは鎮病、殺菌、消毒、止血、消炎など幅広い用途で使用できるため、口内炎の治癒促進や歯周治療などにも最適です。

むし歯の段階について

虫歯の段階

むし歯には段階があります。初期の小さなむし歯であれば少し削るだけで済みますが、症状が進行し、画像ピンク部分の神経部分にまで及んでしまうと根管治療という神経治療が必要になります。この段階まで進行してしまうと削る部分も大きくなり、神経を抜かなければならない可能性もあり、さらに銀歯やセラミックの処置が必要になってきます。

むし歯は出来る前の予防が大切

虫歯予防むし歯が出来てから治療すると、どうしても削ることになります。

削った歯は元通りにはならないので、詰め物や被せものをしますが、虫歯の再発や回復機能という点で天然の歯にはかないませんし、むし歯ができると痛みや口臭の原因にもなるので、歯が痛くなってから歯医者さんに行くという概念を変えて、むし歯予防のために定期的に歯医者さんへ検診に行くと意識を持ってください。