若さと健康を取り戻すための入れ歯

入れ歯

今の日本に広く浸透したアンチエイジングという言葉は、「抗老化」「抗加齢」という意味がありますが、これは、老化や加齢をくいとめるだけでなく、若さをとりもどすことを意味しています。そのアンチエイジングに一番効果的なことは、歯並びをきれいにすることなのです。歯並びをきれいにし、かみ合わせを調整することにより、口元や表情に若さを取り戻す本当のアンチエイジングができます。

義歯により美しい口元を取り戻すこと。ご自身の歯を失ってしまった患者さまの口元に本来の若さを取り戻すために、一番簡単で効果的な方法が、義歯により美しい歯並びを回復することなのです。

よく使用される入れ歯の素材

入れ歯にはさまざまな素材があります。それぞれ、患者様のお口やアゴの状態に応じて最適な素材、形状をご提案しておりますが、大きく分けて金属を使用するものと使用しないものの2種類があり、その代表的な2つの素材をご紹介します。

金属床

金属床の入れ歯床の部分が金属でできている入れ歯です。金属は熱を通すので、温かい食べ物、冷たい食べ物を食べたときに温度が伝わります。食べ物の温度を感じるということは、食事を美味しくいただくためにはとても重要なことです。

この金属にはコバルトクロムか、チタンのどちらかをお選び頂けますが、コバルトクロムに比べチタンの方が軽いので違和感が少ないです。またチタンは金属アレルギーを起こしにくい素材となっています。

ノンクラスプデンチャー(金属を使用しない入れ歯)

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャーとは、金属床とはまったく逆で、金属を一切使用しない入れ歯です。

金属を使用しないので、審美性に優れ、入れ歯をつけているか見た目では判断がつかず、若々しいお口元を作ることができます。また、非常に軽く、着け心地が良いことも患者様から喜ばれる理由の1つとなっております。

1本~複数本の製作が可能です。