詰めもの、被せもののいろいろな材料

審美歯科虫歯などで削った部分や、歯が折れたり欠けたりした場合は、詰め物や被せものをして修復することができます。

この時の詰め物、被せ物には銀歯や金歯だけでなく、治療跡を目立たせない白い歯を入れるという選択肢もあります。セラミックや歯科用プラスチックを使用して白い歯を作っていきます。

レジン充填

レジン充填削った部分を歯科用プラスチックで詰めます。保険適応の素材と保険外診療の素材を選んでいただけます。

長期使用すると、色の変化と摩耗することが考えられます。

セラミックスの詰めもの

セラミックの詰めもの削った部分を型取りし、その型をもとに、セラミック(陶材)の詰め物を製作します。

後日、出来上がったセラミックの詰め物を装着することで、見た目には削って詰めたということがほとんどわかりにく、歯の自然な美しさを損ないません。

長期使用しても、色の変化と摩耗などは起こりません。

セラミックスの詰めもの

セラミックの被せもの歯を削った部分が大きな場合は、詰め物ではなく被せものの処置が妥当になります。

前歯、奥歯ともに使用可能で、当院では、オールセラミックスクラウン、メタルボンドクラウンの2種類のセラミック素材を使用してクラウンを制作しております。

それぞれのメリットデメリットは以下のとおりです。

オールセラミックスクラウン

オールセラミックスクラウン全て陶器で製作した被せもの。一切金属を使用しません。

メリット :審美性が高い
デメリット:ジルコニアに比べると割れやすい

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン金属の周りに陶材を焼き付けるものです。

メリット 耐久性が高ので壊れにくい
デメリットアレルギー持ちの方には不向き