なるべく痛みを軽減した親知らずの抜歯を

親知らず

親知らずの抜歯後の痛みは麻酔が切れたあとに必ずといっていいほど起こります。完全無痛で終えることは外科的処置を行うことを考えると不可能です。しかし、できるだけその痛みを軽減することは可能です。痛みは親知らずの抜歯手術にかかる時間に比例してきますので、スムーズに抜くことができれば痛みをある程度抑えられます。

当院では手術前のレントゲン段階で抜歯シミュレーションをしっかり行い、速やかな処置を実践することで、できるだけ痛みを抑えた親知らず処置を行っております。また、麻酔の段階でも痛みを抑える為の塗る麻酔を使用しております。

痛みが出ている、虫歯になりそうな場合のみ抜歯する

親知らず親知らずは必ずしも抜く必要がないことをご存知ですか?

歯科医院に来られる患者さまの中で1番多い理由が虫歯で、2番目に多い理由は親知らず関係です。

そのほとんどの場合は痛みが出ているケースですが、中には、「レントゲンに写っていたので抜く必要はありませんか?」とおっしゃる患者さまもいらっしゃいます。

「親知らず=抜く必要がある」という認識が強いように思われますが、決してそうではありません。最近では歯の移植や再生医療の研究が進んでおり、後々、不要な親知らずを歯の抜けた部分に利用することが予想されます。

親知らずを抜歯した方が適切な場合

  1. 親知らずの影響ですでに痛みが出ている場合
  2. 歯ぐきから少しだけ頭が見えて歯ブラシを当てづらいなどで、虫歯になる恐れがある場合
  3. 親知らずが生えることによってスペースが足りなくなり歯並びに悪影響を出ている場合