詰めもの、被せもののいろいろな材料

審美歯科虫歯などで削った部分や、歯が折れたり欠けたりした場合は、詰め物や被せものをして修復することができます。

この時の詰め物、被せ物には銀歯や金歯だけでなく、治療跡を目立たせない白い歯を入れるという選択肢もあります。セラミックや歯科用プラスチックを使用して白い歯を作っていきます。

レジン充填

レジン充填削った部分を歯科用プラスチックで詰めます。保険適応の素材と保険外診療の素材を選んでいただけます。

長期使用すると、色の変化と摩耗することが考えられます。

セラミックスの詰めもの

セラミックの詰めもの削った部分を型取りし、その型をもとに、セラミック(陶材)の詰め物を製作します。

後日、出来上がったセラミックの詰め物を装着することで、見た目には削って詰めたということがほとんどわかりにくく、歯の自然な美しさを損ないません。

長期使用しても、色の変化と摩耗などは起こりません。※過度な力がかかったり、固い物を噛んだ場合などに割れたり、外れたりする可能性があります。

セラミックスの被せもの

セラミックの被せもの歯を削った部分が大きな場合は、詰め物ではなく被せものの処置が妥当になります。

前歯、奥歯ともに使用可能で、当院では、オールセラミックスクラウン、メタルボンドクラウンの2種類のセラミック素材を使用してクラウンを制作しております。

それぞれのメリットデメリットは以下のとおりです。

オールセラミックスクラウン

オールセラミックスクラウン全て陶器で製作した被せもの。一切金属を使用しません。

メリット :審美性が高い
デメリット:ジルコニアに比べると割れやすい

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン金属の周りに陶材を焼き付けるものです。

メリット 耐久性が高ので壊れにくい
デメリットアレルギー持ちの方には不向き

セレックによる「短時間」「精密」なセラミック治療

セレック

篠原長寿歯科では、CAD/CAM(コンピューターによる設計・製造支援)によって、短時間で精密なセラミックを製作できる「セレック(CEREC)システム」を導入しております。

通常、つめ物やかぶせ物の治療は、型取り→採取した型を歯科技工所へ送付→歯科技工士がつめ物・かぶせ物を製作→完成したつめ物・かぶせ物を歯科医院へ送付→お口に装着という流れで行われるため、治療完了までに数日~数週間の期間が必要となります。

セレックしかし、セレックシステムはスキャンによって採取した歯型のデータを基に、その場でコンピューターが設計、削り出しを行います。

そのため、精度の高いセラミックのつめ物・かぶせ物が短時間で完成し、最短一日で治療を終えることも可能です。

お仕事などで何度も通院ができない方や1Dayセラミックをご希望の方におすすめです。

詰めもの・被せものの治療費

※治療費は全て税込です。

コア メタルコア(金属の相場により変動あり) ¥22,000
グラスファイバーコア ¥33,000

臼歯硬質レジン

咬合面まで白く ¥33,000
ほほ側のみ白く ¥27,500
クラウン(被せもの) メタルボンド ¥220,000
ラミネートベニア(つけ歯) セラミックス ¥165,000